栃木県高根沢町で「楽しい」を造る工務店 小さい家 平屋も可能な注文住宅

(有)大紘建設

マイホーム取得までの流れとポイント

その13.色決め

色決め


工事が進んでいくと同時に、次は住宅のデザインを決定付ける「色」を決めます。
外観は早い段階(設計段階)で決まっていることも多いでしょう。
外観は外壁と屋根、サッシ枠の色で決まります。
時には、途中で外壁の色を替えたり、モールを付けたりして、デザインを作り上げていきます。

次に内装の色決めをします。
現在はキッチン一つにしても様々な色があります。
床、ドア、カウンターなど、挙げるときりがないほど色を決めなければなりません。
そして、最後に壁紙、完成してからもカーテンや家具の色を決めます。

色決めのポイント


色決めの多さにうんざりしてしまう方も多いようですが、できれば早い段階でイメージというものを決めておくと良いでしょう。
一つ一つ決めていくのでは確かに大変ですし、いざ、全部を組み合わせてみると
「あれ?何か違う・・・。」といったことになりかねません。

これは、外観も内装も同じですが、例えば「ナチュラル」「シック」「クール」などテーマを決めてもいいですし
雑誌などを見て、「こんな感じにしたい」というイメージでも良いので、決めておきましょう。
このテイストを常に頭において決めておくと、自然と色合いも決まってきます。
そして、一つ一つ決めるのではなく、全体のバランスを見ながら
床、壁、天井、ドア、窓枠、カウンター、カーテンや家具なども決めてしまうと楽ですね。

それと、あまり多くの色は使わないこと。
メインとなる色を1つ決め、できれば統一する。
だからといって、全部同じ色というわけではなく、少しだけ違う色を入れて全体を締める。
そんなイメージで決めていくと素敵なデザインができあがります。


矢印 12.上棟式     14.完了検査・竣工検査 矢印

Copyright (C) DaikoKensetsu. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt