栃木県高根沢町で「楽しい」を造る工務店 小さい家 平屋も可能な注文住宅

(有)大紘建設

マイホーム取得までの流れとポイント

その12.上棟式

上棟式とは


新しい家への祝福とともに、職人たちへのねぎらいと今後の工事の無事完成を祈願する儀式です。
建前(たてまえ)、棟上げ(むねあげ)ともいいます。
土台の上に柱を建て、梁や桁を載せながら骨組みを組み立てていき、
その後、棟木(屋根の一番高い所)をあげる時に上棟式を行います。
一気に家の形ができあがる日なので、感動の瞬間です。
地鎮祭と同じように、吉日を選ぶのが通常ですので、あらかじめ予定を組んでおきましょう。

建て主の準備


現場で祝宴を設けますが、最近は簡素化され、参加者に折詰と清酒の小瓶を渡すことが多くなっていますので
相談の上、料理や飲物、折詰の手配などをしておきましょう。
また棟梁や関係者に祝儀を渡します。
金額や人数については、あらかじめ確認しておくといいですね。
儀式については施工者が用意してくれることがほとんどですので、御神酒、米、塩、水程度を用意しておけばよいでしょう。
また、当日はクレーン車が入ったり、いつもよりも多い人数の職人さんが入りますから
騒音や車で迷惑がかかることを考えて、あらかじめご近所の方々に予定を知らせておきましょう。


矢印 11.工事着工     13.色決め 矢印

Copyright (C) DaikoKensetsu. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt