栃木県高根沢町で「楽しい」を造る工務店 小さい家 平屋も可能な注文住宅

(有)大紘建設

マイホーム取得までの流れとポイント

その8.建築確認申請

建築確認申請


建物を建築するとき、建築主は確認の申請書を提出して、
建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければ工事の着工ができません。
といっても、通常、建築主が設計事務所や建築会社などの資格のある建築士に委任して
その手続きを代行してもらいます。
審査には10日から3週間ほどかかりますので、余裕をもって1ヶ月ほど見ておいたほうが良いでしょう。
また、図面や書類の訂正や差し替えが認められませんので
変更が生じた場合は再申請となってしまい、着工が遅れたり、
申請費用が余計にかかってしまうことなります。
申請前にしっかり依頼会社に確認したり、悩んでいる点などはクリアにしておきましょう。

その他の申請


建築確認申請以外にも地域によってさまざまな申請が必要な場合があります。
(開発許可申請、農地転用許可申請、火災報知器設置届、雨水排水計画申請など)
建築計画の際には、市町村の建築指導課に出向き、必要な申請の種類やタイミングなどについての
説明を受けることができます。
実際は、建築会社に依頼して資格のある建築士が手続きをするので、
特別な知識や手続きは必要としませんが、申請に係る費用は別途請求されることが通常です。
あらかじめ確認しておきましょう。

当社の場合


申請資格のある一級建築士が、必要な申請を全て代行します。
その際には、必要な申請の種類、かかる費用などをあらかじめご説明の上
お施主さまの委任を受けてから申請業務に取りかかります。



矢印 7.詳細見積     9.地盤調査 矢印

Copyright (C) DaikoKensetsu. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt